大切な釣具を一円でも高く買い取ってもらうためのサイト

>

中古釣具を高く売るコツとは?

釣具のクリーニングの仕方とは?

竿は、使い終わったら水洗いをして乾燥しておくのが基本ですが、長年使っていなかった竿がもし錆びてしまっていたら、ピカールという金属磨きで錆を落とすのが良いようです。
ただ力を入れ過ぎてしまうと、錆のない部分まで削り落としてしまうことになりますので、慎重に。
それでも落ちない場合はガイド部分を交換することも考えられますが、売りに出すためにそこまでする必要はないでしょう。
リールも水洗いして日陰で乾燥しておきましょう。
クーラーボックスやボートなど大型の商品はスポンジに中性洗剤をつけて、ぬるま湯でお手入れを。
久しぶりの釣具は、あまり使わなかったものでもホコリをかぶっていることも多くあります。
柔らかいタオルでサッと拭いておくだけで、かなり見栄えが良くなって買取価格が上がる可能性があります。

壊れた釣具は買い取ってもらえる?

念入りにお手入れをしてきた釣具も、久しぶりに取り出してみたら壊れていたという場合はどうすればいいのでしょうか?
自分で修理してから売りたいという方もいる一方、正直面倒くさいと思う方もいるのでは?
しかし、使い物にならない釣具は買い取ってもらえるのでしょうか?
結論から言うと、折れた竿や壊れたリールも買取してもらえる業者があります。
当然買取価格は下がりますが、ゴミに出すのは忍びないという方におススメです。
ボコボコになった車を買取する業者があるのと同じですね。
壊れた竿やリールは買取後、ジャンク品として店内で売られるようです。

ネッでお気に入りの買取業者を見つけたら、壊れた釣具も買取してもらえるかどうか、電話やメールで確認してみると良いですね。


この記事をシェアする